腰痛体操のご紹介

腰痛体操は、強い痛みの時に行う体操ではありません。 痛みが軽くなってか ら、また痛みが出る前から予防のために体操を行いましょう。 腰痛には、様々な原因が考えられますので、できるだけ早く医師の診察を受 けることをお勧めしま す。

ストレッチ体操

  • @片側の足を伸ばしたまま、もう片方の足の膝を両手で抱え、胸に膝をゆっくりと近づける。ゆっくりと呼吸しながら 10秒間その姿勢を保ち、ゆっくり元に戻す。反対の足も同じように。
  • ストレッチ体操_@
  •  
  • A両足を抱え込み、胸に近づける。ゆっくりと呼吸をしながら10秒間その姿勢を保ち、ゆっくり元に戻す。
  • ストレッチ体操_A
  •  
  • B両方の膝を伸ばしたまま、つま先に手を届かせるように体を前に倒す。ゆっくりと呼吸をしながら10秒間その姿勢を 保ち、ゆっくり元に戻す。
  • ストレッチ体操_B


筋力トレーニング

  • @両方の膝を立て、おへそを見るように頭をあげる。ゆっくりと呼吸をしながら5秒間その姿勢を保ち、ゆっくり元に戻 す。
  • 筋力トレーニング_@
  •  
  • A両方の膝を立て、肩と膝がまっすぐになるようにお尻を持ち上げる。ゆっくりと呼吸をしながら5秒間その姿勢を保 ち、ゆっくり元に戻す。
  • 筋力トレーニング_A

すべての運動を朝晩できれば10回ずつ行いましょう。痛みが出る場 合は無理せずに回数を減らしてください。 続けることが一番大事なことです。自分の身体を守るため日々の運動をお勧めします。
文責 理学療法士 森 剛志